ご案内

もっと知って欲しい、和牛のこと(3)

gg1

○和牛肉の美味しさを支えているのは・・・?
 私たちに世界でも並ぶもののない,美味しい牛肉を提供してくれる和牛たちは,農家で愛情たっぷりに,大切に飼われているだけでなく,その「戸籍」も大切に,そして正確に管理されているのです。この「生まれも育ちも明らか」であることも,和牛肉の美味しさと安心を支えている重要な柱なのです。

子牛登記証明書
これは,和牛の戸籍の「証明書」のコピーです。両親の血統や,生年月日,農家など,いろいろな情報が記録されています。

お知らせ

「個人情報の保護に関する法律」に基づく会員等が係わる個人情報の取り扱い指針について

 社団法人全国和牛登録協会(以下「協会」といいます。)は,和牛の改良と登録の必要性を認めた和牛生産者の意志によって設立・運営されている団体であり,協会の目的達成のために,会員個人の情報や登記・登録に係わる情報等を預かり,適切に管理しております。したがって,従来より,協会ではこれらの情報を適切な管理の元に置き,漏えいや不正使用の防止等に努めてきたところです。
  このたび,「個人情報の保護に関する法律」(以下「法」といいます。)が施行され,協会では,この法に基づき,これらの情報をこれまで以上に適切な管理下に置くために,「個人情報保護規程」の検討をはじめ,適正な個人情報の取り扱いに向けて,取り組んでいるところです。
  このことをご承知置きいただくとともに,会員,肥育農家および賛助会員の皆様に,あらかじめ,以下のことをご了承願い,安全性の確保など適正な運用にあたります。
1.会員等の個人情報とその利用目的

(1)個人情報について

  個人情報とは,氏名・住所などにより個人を特定できる情報のことです。協会は,会員の入会,更新時,登記・登録等の申請時や肥育農家の協力を得て収集している枝肉調査報告,賛助会員の入会,更新時などに,個人情報を得ています。なお,個人情報には,牛の血統情報等,個人を特定できる可能性のある情報を含みます。

(2)おもな利用目的

  個人情報のおもな利用目的は下表のとおりです。

個人情報の類型 利用目的
会員 会員の管理各種証明書への記載登録簿の発行
改良の基礎情報
育種・改良に係わる解析
肥育農家 枝肉情報の管理育種価評価等の基礎情報
賛助会員 賛助会員の管理サービス(刊行物等の送付)の提供

 

2.個人情報の取り扱い

  個人情報の取り扱いにあたっては,管理責任者を置き,個人情報への不正アクセスや漏えい,紛失,改ざんなどが起こらないよう,安全管理に万全を期すとともにその強化を図ります。

3.会員等の個人情報の第三者提供について

  協会は,法に定める事項の他,利用目的に則して,第三者(登録事業委嘱団体を含む)に下記情報について,個人情報を提供する場合があります。また,地域によっては,セリ名簿の作成や子牛基金登録のために,個人情報を提供する場合があります。この場合,提供する第三者との間に,目的外の使用禁止,安全管理に関する約定書を締結し,守秘義務を徹底するようにします。

個人情報の類型 第三者提供目的 提供先
会員 育種・改良に係わる解析のため委嘱団体管下会員の管理のため 規程により会長が認める機関登録事業委嘱団体
肥育農家 産肉能力の育種価評価のため育種改良に係わる解析のため 規程に基づく評価機関規程により会長が認める機関
賛助会員 委嘱団体管下会員の管理のため 登録事業委嘱団体

 

4.第三者機関等から提供を受けた枝肉情報の取り扱いについて

  協会は,支部等を経て,第三者機関等から枝肉情報の提供を受け,保有している場合があります。
この情報の取り扱いは,規程に定める目的以外に,使用することはありません。

5.発行された証明書の取り扱いについて

  会員に発行された登記・登録証明書には所有者(管理者)住所氏名,繁殖者(管理者)住所氏名等が記載されており,証明書そのものが個人情報になります。しかしながら,当該証明書が品種や当該牛の生産履歴を証明する書類になることから,牛および牛肉の流通,消費の目的のために利用される限り,会員から証明書を取得した個人情報取扱業者の利用について,会員の同意を得たものとします。

6.「開示の求め」について

  協会では,個人情報について本人またはその代理人からの開示,訂正の求めがあった場合並びに不正な情報の入手や目的外の利用等が明らかとなり本人またはその代理人からの利用停止の求めがあった場合は,適切に対応します。

7.「苦情」の受付窓口について

  協会の個人情報の扱いに関する苦情・相談を受け付けるための窓口を設け,適切に対応します。